お知らせ

最勝院

  1. HOME
  2. お知らせ

2012年2月23日更新 この展示会は終了しました

最勝院の寺宝12点(お江関連の寺宝を含む)が公開!

江戸東京博物館 3月27日~5月27日  
芝 増上寺 ~秀忠とお江のお寺~展

場所
江戸東京博物館企画展(5階常設展示室 第2企画展示室)
開催日
平成24年3月27日(火)~平成24年5月27日(日) 終了
午前9時30分~午後5時30分
※土曜日のみ午前9時30分~午後7時30分
※なお、入館は閉館30分前まで
休館日
毎週月曜日(月曜が祝日・振替休日の場合はその翌日)
最勝院寺宝の
展示予定品
金地葵紋輪宝唐花綿文七条
精好紗牡丹紋金糸縫五条
徳川斉昭讃 徳川家康像 ほか
※展示品により期間が限定されますので、
 詳しくは江戸東京博物館にお問い合わせください。

江戸東京博物館ホームページ(http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/)へ


2011年10月13日更新 この展示会は終了しました

最勝院寺宝 江・念持仏 江戸東京博物館で展示

最勝院寺宝の中の江(崇源院)に関わる寺宝が、
江戸東京博物館常設展で展示されます。

場所
江戸東京博物館常設展6階
開催日
平成23年10月18日(火)~平成23年11月13日(日) 終了
午前9時30分~午後5時30分
※土曜日のみ午前9時30分~午後7時30分
※なお、入館は閉館30分前まで
休館日
毎週月曜日(月曜が祝日・振替休日の場合はその翌日)
展示予定品
「伝・崇源院(江)念持仏蕾中阿弥陀如来立像」
「崇源院(江)供養納経重箱」
「狩野深信筆・家康ゆかりの最勝の松の絵」
「徳川家光筆・梅の絵」
の4点(いずれも最勝院展で展示された寺宝)
※下記2011年9月22日更新記事参照

最勝院寺宝の中の江(崇源院)に関わる寺宝が江戸東京博物館常設展で展示されます。これは平成23年3月15日からの同館企画展「芝 増上寺 秀忠とお江の寺」で初公開される予定の一部で、東日本大震災による一年延期を受け、NH大河ドラマ「江~姫たちの戦国」放映中に公開したいとのことからの常設展示となったものです。

展示予定品の4点はいずれも最勝院展(平成23年9月15日~18日)での初公開されたもので、見逃した方には絶好の機会となります。
江戸東京博物館ホームページ(http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/)へ


2011年9月22日更新 この展示会は終了しました

江・念持仏 最勝院展で初公開される

去る9月15日(木)より9月18日(日)までの4日間、
最勝院蔵の寺宝が最勝院にて初公開されました。

今回公開された寺宝は、「伝・崇源院(江)念持仏蕾中阿弥陀如来立像」、「崇源院(江)供養納経重箱」、「狩野深信筆・家康ゆかりの最勝の松の絵」、「徳川家光筆・梅の絵」の4点。
いずれも平成23年3月15日より江戸東京博物館企画展「芝 増上寺―秀忠とお江の寺」で初公開される予定の寺宝でしたが、東北大震災による同展一年延期により、崇源院(江)御霊屋別当の最勝院での初公開となったものです。

また、開催初日は崇源院(江)の命日でもあり、崇源院(江)の追善供養の法要が最勝院で厳修されました。  

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。(住職)


2011年8月26日更新 この展示会は終了しました

最勝院寺宝 江・念持仏 初公開のお知らせ

最勝院ではNHK大河ドラマ放映にともない、江(崇源院)の念持仏と伝わる寺宝を下記日程で初公開をいたします。

江の念持仏と伝えられる持蓮華蕾中阿弥陀如来立像、江(崇源院)供養の為の御経を納める蓮池模様の重箱、徳川家康から江に贈られた松の盆栽の由来を記した松の絵の掛け軸、江の長男である徳川家光の梅の絵の掛け軸です。

最勝院展

日程
平成23年9月15日(木)~9月18日(日) 終了
時間
15日(木) 午後1時より午後8時まで
16日(金) 午後1時より午後8時まで
17日(土) 午前10時より午後5時まで
18日(日) 午前10時より午後5時まで
場所
最勝院 本堂 拝観料300円